歯をどうしても抜きたくない

侵襲を加えない治療

当医院では「できるだけ歯を抜かない・歯や歯周組織の侵襲を最小限に」を医院方針のひとつにしています。
神経を取ると経年劣化の後、60歳位になると抜歯する確率が高くなります。

また虫歯も一度削ると詰め物や被せ物が劣化して再発することがあります。さらに歯磨きを怠ることで状態はもっと悪くなってしまいます。歯質は一度削ると元に戻りません。初期の虫歯や根の治療において、削る量が増えれば増えるほど歯は長持ちしなくなります。歯質を出来るだけ残すことは歯の寿命を延ばすことに繋がります。症状にもよりますが、できる限り削る量を少なく、極力神経を取らない治療、歯を守る治療を行っております。

大切な歯を長持ちさせるためにも一度ご相談頂ければ、患者さまに合った治療方法をご提案させて頂きます。

ご予約:03-3594-4118

〒177-0045 東京都練馬区石神井台7-6-10

西武新宿線「武蔵関駅」北口徒歩5分。
駐車場あり。