矯正歯科(顎顔面口腔育成)

一生自分の歯で健康を

歯並びが悪くなるのは遺伝?

歯並びは遺伝で決まる?歯並びが悪くなるのは環境?と様々に言われています。
最近では口呼吸や口が開いていると、歯並びが悪くなり、咬み合わせも悪くなることが分かってきています。呼吸(気道の確保)は子供の成長期の発育に大きく関わり、その後の顎顔面咽頭領域の構造を決定します。

歯は本来、顎や周りの軟組織(舌や唇、頬など)が正しく成長すればきれいに並ぶようになってます。良い咬み合わせとは、一本一本の歯が垂直に植立し、歯と歯が点と点で接触しているのが理想的です。また、上下の歯並びが横から見て半歯分ずれていることが、咬頭(山)と窩(谷)が正しく咬み合うために必要です。

しかしこれが1歯分、あるいはそれ以上ずれている方が多くなっています(乱ぐい歯、出歯、受け口、深いかみ合わせなど)。そのため、上下の歯がうまく咬み合わない状態でかみしめているうちに歯が咬耗(咬んですり減る)したり、ヒビが入ったり、歯の表面(エナメル質)が剥がれやすくなります。
さらに歯にかかる負担バランスが崩れ、歯を支える骨にまで影響する(骨がなくなる)こともあります。

正しく発育出来なかった顎顔面咽頭領域の構造が長時間に渡るにつれて、虫歯や歯槽膿漏になっていることが根本的な問題です。口を開けていると口の中が乾燥し、細菌が増殖して不衛生になります。さらに歯磨きを怠ることで虫歯菌や歯周病菌が活発になり、病気を悪化させてしまいます。
最近の研究では狭くなった気道(上気道)を広げることで、口呼吸から本来の口をむすび鼻呼吸に正しく改善する、バイオブロック療法とRAMPA(ランパ)療法があります。この2つの療法は歯のみならず、感染症・ぜんそく・アレルギーなどの呼吸器からくる病気にも有効だと分かってきました。

顎顔面口腔育成療法 - RAMPA Therapy

概要

欧米や日本などの先進国では、呼吸の仕方や構造の問題で様々な症状が認められてきています。
その問題とは、顎(上の顎)の成長が著しく悪くなっている事で気道(特に上気道)が狭くなり、様々な疾患(口呼吸による歯並び、虫歯、歯槽膿漏 睡眠時無呼吸症候群、喘息などの呼吸器疾患、アレルギー性鼻炎など)に影響が出ている事が最近分かってきました。ランパセラピーは「Biobloc therapy」という、イギリスのJohn Mew先生によって研究開発された矯正療法を、三谷寧先生によってさらに進化させたもので、歪んだ頭蓋底を改善するための新しい治療方法です。

歯並びは改善されますが、それが目的ではありません。
頭蓋は一番上で、歯列は上顎の下部構造になります。
従って、一番上を治せば下部構造は良くなるというのがそもそもの発想です。
歯科で言う不正咬合(出っ歯、受け口、乱ぐい歯)の特徴の一つとして考えられる、顔の垂直方向への成長が歯並びを悪くする原因と考えられています。
ランパセラピーは、上顎を前上方へ牽引し、その慣性力を利用して下顎を前方回転させるという特徴を有するため、従来の前下方への牽引とは全く異なります。従って得られる結果も異なる事になります。最近の調査ではこの治療法は頭蓋の不調和に起因する歯列不正ばかりか、上咽頭閉塞疾患や喘息にも有効であることが分かってきました。

顎顔面口腔育成研究会ホームページへ

RAMPA Therapy

症例紹介

6歳11ヶ月

12歳5ヶ月

13歳5ヶ月