一般歯科

治療方針

Q.治療方針について教えてください。

A.基本的な治療を丁寧に行い、再発する虫歯・歯周病予防につなげます。
虫歯・歯周病が進行するたびに治療し、しばらく経ち再発する状態を繰り返している人は少なくありません。
そのような治療ばかりを続けていると、いずれは抜歯するしか手段がなくなってしまいます。

当医院ではまず、虫歯や歯周病の治療を丁寧に行います。基本治療を丁寧に細かく行わなければ、その分、再発の可能性も高くなるためです。
次に予防に入ります。その際に、予防をしないと早めに歯を失ってしまう可能性があることを、患者さまにご説明します。
歯の寿命には、トラブルのない状態をいかに長く保てるかが関わっています。
再発する虫歯・歯周病に悩んでいるという方は当医院にお任せください。
歯医者嫌いにならないよう会話を交えながら治療を行っていきます。

根管治療

Q.根管治療にはどんな機器を使用されていますか?

A.治療部位が見えにくい場合はCTの検査や状況によってマイクロスコープを使用します。

私は、虫歯や歯周病の治療は、歯を長持ちさせるうえでの基本だと考えています。
重度の虫歯の治療である根管治療も、その後の歯の寿命を左右する非常に大事な治療です。
当医院では、根が細かくて見えにくい場合は、CTの撮影を行い、状況によってマイクロスコープを使用したうえで根管治療を行います。勘に頼るのではなく、しっかりと目で見ながら治療を行うことを重視しています。
CTを備えておりますので必要な場合はより細かい検査を行うことができます。

詰め物・被せ物

Q.修復物を長持ちさせるために心がけていることはありますか?

A.年齢や歯の質に合った修復物をご提案しています。

詰め物や被せ物といった歯科の修復物には、いろいろな素材でできたものがあり、それぞれ適する症例や使用箇所は異なります。いくらジルコニアセラミックが目立たず、頑丈と言っても、ご年配で歯や歯周組織が弱っている方には適していません。固すぎるゆえに、咬み合わせの歯や歯周組織にダメージが及ぶことが考えられるからです。

当医院では、患者さまが希望されたからと言って、考えられるリスクをお話しせずに、歯を入れるようなことはしていません。患者さまの歯の質や年齢に合った修復物をご提案し、納得していただいたうえで選択してもらっています。
素材は必ずしも値段が高い物が良い物とは限りません お口の状況に合わせた素材を入れることが大切です。